パーツ・カスタマイズ選び・TVキャプチャカード

【パーツ・カスタマイズ選び・TVキャプチャカード】
TVキャプチャーカードについて説明していきます。

〈TVキャプチャカードの役割〉
TVキャプチャカードはTVの視聴や録画をするためのパーツです。

〈製造メーカー〉
IO-DATA・恵安・エスケイネットなど聞きなれたメーカーを書き出しました。
他にもメーカーはありますが聞いたこどがないようなメーカーが多いでしょう。

〈おすすめ・売れ筋〉
おすすめはIODATAのGV-MVP/XS3です。
メーカーとして信頼性も高く地デジ/BS/CSに対応し価格も10000円前後と
コストパーフォーマンスも良いのでおすすめです。

売れ筋はピクセラのPIX-DT260です。
地デジ/BS/CSに対応しダブル録画も可能で価格が15000前後で
機能に対してコストパフォーマンスがいいのが人気の理由でしょう。

〈選び方〉
最初にメーカーと予算を決めましょう。
次に地デジ/BS/CSと自分は何を視聴・録画したいのかを考えましょう。

ここまでである程度は買うべきものが絞れてくるでしょう。
絞れてきたら接続するためのインターフェイスを確認していきましょう。
たいていがPCI-Exp×1かPCIの接続になるので
自身のパソコンを見て確認しましょう。

気を付けるべきはここからです。
TV録画中にもTVを視聴したい、あるいは同時番組録画を希望する場合
3番組同時録画であれば3,4番組なら4と
同時録画に必要な数だけチューナー数が必要です。
チューナー数は商品詳細のサイトなど確認できますので、
上記利用方法をする場合には必ずチェックしてください。

以上、TVキャプチャカードの説明でした。


PAGE TOP