実況用パソコン

実況用パソコンについて紹介していきます。
実況するにあたって必要とされるスペックはそれほど高くなくても大丈夫です。
しかし、低すぎるとスムーズな実況ができないことがあります。
それを踏まえて最優先すべきパーツはCPUになります。

ゲーム機のゲーム映像を実況する時とオンラインゲームの映像を実況する時では
パソコンの構成が違ってきます。

ゲーム機のゲーム映像の時はそれほど高スペックでなくても大丈夫ですが
映像をパソコン画面に取り込むキャプチャカード(ビデオキャプチャ)が必要と
なります。
キャプチャカード購入の際はきちんと接続が可能か確認してから購入してください。

オンラインゲームの時はキャプチャカードは必要ありませんがオンラインゲームする為に
グラフィックカードが必要になります。

では、おすすめ構成をご紹介。

〈ゲーム機の映像実況用パソコン〉

 CPU  Corei7(Haswell Refresh)
ケース  任意の物
 マザーボード  任意の物(CPUに対応の物)
 メモリ  8GB
 HDD  500GB
 DVDドライブ  任意の物
 ビデオキャプチャカード  任意の物
 OS  DSP版64bit
 電源  ケース付属(400~450W)
 合計  85000円~

CPUはデータ処理の早いCorei7を使用しました。
実況するならカクカクしたりしないでスムーズにしたいですから。

メモリは最低限あった方がいい容量で8GBにしました。

HDDはメモリ同様に最低限にして500GBにしました。

OSはDSP版64bitを使用。
パッケージ版より安いのでDSP版を選択。

キャプチャカードは外付けと内蔵があるのですが今回は内蔵の物で10000円程度の
安めの物を想定して値段を出しました。
一番安い物で7000円程度の物もありました。

この構成は最低限ストレスなく動作すし予算的にも抑えて構成を考え紹介しました。

〈オンラインゲームの映像実況用パソコン〉 

 CPU  Corei7(Haswell Refresh)
 ケース  任意の物
 マザーボード  任意の物(CPUに対応の物)
 メモリ  16GB
 HDD  500GB
 DVDドライブ  任意の物
 グラフィックカード  GeForce GTX760程度
 OS  DSP版64bit
 電源  550W
 合計  115000円~

CPUは上記同様にCorei7を使用しました。
実況だけでなくオンラインゲームをするならCorei7にした方がいいです。

メモリは実況する作業とオンラインゲームを同時にしているのでメモリを
それなりに使用するので余裕をもって16GBにしました。

HDDはなるべく価格をおさえる為に500GBのままにしました。

グラフィックカードはある程度のレベルのオンラインゲームができるように
GeForce GTX760程度にしました。

OSは上記同様の理由です。

電源はグラフィックカードを使用しているので余裕をもって550Wにしました。

この構成はオンラインゲームの実況を問題なくできるように考えました。
この構成であればオンラインゲームの実況だけでなく他の作業も高いレベルまで
ストレスなくできます。

以上、実況用パソコンの紹介でした。


PAGE TOP