株・デイトレード用のパソコンが欲しい

【株・トレーダー向けパソコン】

株・トレーダー向けパソコンについて紹介していきます。

株やトレードというとタイミングを外してしまうと大損なんてことがあるので
それを極力なくすにはパソコンの処理能力は高い方が絶対にいいです。
株のチャートなどの更新が遅かった為に損をしてしまったなんてことが
ないように。

株してる方・トレーダーの方が使用しているパソコンの特徴というと
複数のディスプレイをつないでチャート見ながら他の作業をするような方が
多いです。

ここでは初心者だからディスプレイは1~2台でいいという方とディスプレイを複数使用して
平行していろいろと作業がしたいという方の2種類の構成をご紹介します。

優先すべきパーツはCPUとメモリです。

おすすめの構成
〈ディスプレイ1台または2台〉

CPU Corei7(Haswell Refresh)
ケース 任意の物
マザーボード 任意の物(CPUに対応の物)
メモリ 16GB
HDD 500GB
DVDドライブ 任意の物
OS DSP版64bit
電源 ケース付属
合計 85000円~

CPUは処理能力の高いCorei7にしました。

マザーボードはオンボードに出力端子が2つ以上あれば2台まで接続可能なので
必要な人は確認してから購入してください。

メモリは複数のウィンドウをたくさん開いたり複数のソフトを起動することを想定して
16GBとしました。

HDDは最低限にしました。

OSはパッケージ版よりDSP版の方が安いので選択し、bit数も32bitより64bitの方が
早いの64bitにしました。

この構成なら処理も早くストレスなく動作するでしょう。

〈ディスプレイ3~4台〉

CPU Corei7(Haswell Refresh)
ケース 任意の物
マザーボード 任意の物(CPUに対応の物)
メモリ 16GB
HDD 500GB
DVDドライブ 任意の物
グラフィックカード GeForce GT 720程度
OS DSP版64bit
電源 ケース付属
合計 95000円~

CPUは上記同様にCorei7にしました。

マザーボードはオンボードに出力端子が2つ以上ある物を想定しています。

メモリは上記同様の理由です。

HDDは最低限にしました。

OSは上記同様の理由です。

グラフィックカードはオンラインゲームするのとは違い高い性能の物は必要ないので
最低限にしました。

この構成は3~4台のディスプレイを使用する事を想定して考えました。
3~4台のディスプレイが使用可能でストレスなく動作するでしょう。

もっと多くディスプレイを使用したい人の為に説明します。
例えば、5~6台ディプレイを使用したいならグラフィックカードが2台必要です。

フラフィックカード1台につき2台のディスプレイを追加して使用することが可能に
なります。
2台以上のグラフィックカードが必要な場合はグラフィックカードが複数取り付けられるマザーボードに
しないといけないので注意が必要です。

以上、株・トレーダー向けパソコンの紹介でした。


PAGE TOP