動画視聴視聴パソコンが欲しい

【動画視聴視聴パソコンが欲しい】

パソコンの使用目的としてネットや動画視聴くらいしかしない人も多いでしょう。
ここではDVD・ブルーレイ視聴に的をしぼりおすすめ構成を紹介していきます。

まずはパソコンの紹介の前に使用用途を考えていきましょう。
1つ目はDVD・ブルーレイどちらも視聴できるようにしたいのか、それともDVDだけ
見ることができれば十分なのか。

2つ目はDVDドライブやブルーレイドライブは読み込みだけでなく書き込みができる
ドライブがあるのですが自分は書き込み作業をするのか。

なぜ、2つの点を考えてもらったか説明します。
1つ目はドライブを購入する時にCD・DVDだけ読み書きできる物とブルーレイも読み書き
できる物を比べたときにかなり価格差があるからです。

2つ目は読み込みだけならそんなに気にしなくてもいいのですが書き込みも必要だと
なると書き込みの速度を気にしながら購入しないといけないからです。

最近はDVDドライブにスパーマルチドライブとかハイパーマルチドライブなんて表示されていれば
読み書き可能で主要なメディアは読み込めます。
ブルーレイドライブならCD・DVD・ブルーレイの主要なメディアのの読み込みができます。
ブルーレイドライブの書き込みはできない物もあるので書き込み可能か確認してから
購入するようにしましょう。

購入時に気にしないといけないことがもう1点あります。
ドライブの読み込み速度・書き込み速度をよく見て購入しないといけません。
表示速度が高い物が確かに速いのですが速すぎると書き込みエラーなど頻度が
上がったり回転数が速い為にうるさかったりするので注意が必要です。

1番優先すべきはDVD・ブルーレイ視聴が一番の目的なのでDVDもしくはブルーレイドライブです。
2番目にCPU・メモリです。

しかしながら、予算を考えなくてはいけないのでDVDドライブ以外の部分から考えていきましょう。
紹介する構成ではDVDドライブは2000円程度購入できるDVDスパーマルチドライブを想定して
値段を出しています。
では実際に構成を紹介していきます。

〈6万円~〉

CPU Corei3(Haswell Refresh)
ケース 任意の物
マザーボード 任意の物(CPUに対応の物)
メモリ 8GB
HDD 500GB
DVDドライブ 任意の物
OS DSP版64bit
電源 ケース付属
合計 53000円~

予算をおさえた構成から紹介します。
CPUはCorei3にしました。
CPUはCorei5・corei7と高スペックのCPUにしていくにつれて値段が上がっていくので
値段をおさえる為にCorei3にしました。

メモリは8GBにしました。
メモリは使用目的が何にせよあった方がいいので値段をおさえる為に
8GBにしました。

HDDは価格をおさえる為に最低限の物にしました。

OSはDSP版64bitを選択。
パッケージのあるなしで値段が違うので価格をおさえる為にDSP版にしました。

この構成はネットや動画視聴くらいにしか使用しないのであれば十分でしょう。

〈8万円~〉

CPU Corei5(Haswell Refresh)
ケース 任意の物
マザーボード 任意の物(CPUに対応の物)
メモリ 16GB
HDD 1TB
DVDドライブ 任意の物
OS DSP版64bit
電源 ケース付属
合計 74000円~

値段をおさえつつ少しランクを上げた構成を考えました。

CPUは1ランク上げてCorei5にしました。
corei3の2コア・4スレッドから4コア・4スレッドになります。

メモリは16GBにしました。
上記構成での理由により増やしました。

HDDは余裕をもって1TBにしました。

OSは上記同様の理由です。

このくらいの構成になればネットや動画視聴以外の作業でもある程度のレベルまでは
問題なく動作します。

〈12万円~〉

CPU Corei7(Haswell Refresh)
ケース 任意の物
マザーボード 任意の物(CPUに対応の物)
メモリ 32GB
SSD 128GB
HDD 1TB
DVDドライブ 任意の物
OS DSP版64bit
合計 115000円~

処理能力をさらに上げる為にCPUはCorei7にしました。
4コア・8スレッドになり処理能力UPです。

メモリは上記同様の理由で32GBにしました。

HDDは予算がそこそこあるのでSSDとHDDを使用しました。
SSDにはOS、HDDはデータ保存用に使用。
SSDにOSを入れるとパソコンの起動が早くなったりデータの転送速度が上がったり
します。

OSは上記同様の理由です。

このくらいの構成になると性能的にかなり高くなっているのでたいていの事ならなんでも
できるでしょう。
エンコードの作業なんかも楽々できるでしょう。

このように基本的な構成が決まったらDVDドライブまたはブルーレイドライブを選んで
いきましょう。

〈DVDドライブ〉
現在、主流のもののみ紹介していきます。

【DVDスーパーマルチドライブ】
DVD-ROM、DVD±R、DVD±RW、DVD-RAMに対応したもの。

【DVDハイパーマルチドライブ】
DVDスーパーマルチドライブにプラスしてDVD-RとDVD+Rの二層記録(DL)に
対応したもの。

〈BDドライブ(ブルーレイドライブ)〉
BDにも色々と種類があります。
・BD-R(容量25GB)  ・BD-R DL(片面2層、容量50GB)
・BD-R XL(片面3層、容量100GB/4層、容量128GB)
・BD-R LTH TYPE(容量25GB)

・BD-RE(容量25GB)  ・BD-RE DL(片面2層、容量50GB)
・BD-RE XL(片面3層、容量100GB)

・BD-ROM

DVDやBDのメディアがかなり沢山あるので自身の使用するメディアがきちんと対応して
いるか確認しながら慎重に選びましょう。

以上、DVD・ブルーレイ視聴パソコン紹介でした。


PAGE TOP