テレビの視聴・録画ができるパソコン

【テレビの視聴・録画ができるパソコン】

テレビ視聴・録画を目的としたパソコンについて説明や紹介をしていきます。

テレビ視聴・録画ををするには地デジチューナーというパーツが必要になります。

優先して費用をかけた方がいいパーツはHDDと地デジチューナーです。
録画データはかなりデータ容量が多いのでHDD容量が小さいとすぐにいっぱいに
なってしまうので大きな容量のHDDをおすすめします。

地デジチューナーは機能をよく確認してからの購入をおすすめします。
ホントに視聴と録画しかできず録画予約などの機能がなかったりチューナーが
1つしかついてなくて録画中にほかの番組視聴ができなかったりと安いからだけで
飛びつくとあとで後悔します。

では、地デジチューナーを使用して実際にパソコンの構成を紹介していきます。

〈7万円~〉

CPU Corei3(Haswell Refresh)
ケース 任意の物
マザーボード 任意の物(CPUに対応の物)
メモリ 8GB
HDD 1TB
DVDドライブ 任意の物
地デジチューナー 任意の物
OS DSP版64bit
電源 ケース付属
合計 65000円~

予算をおさえた構成から紹介します。
CPUはCorei3にしました。
CPUはCorei5・corei7と高スペックのCPUにしていくにつれて値段が上がっていくので
値段をおさえる為にCorei3にしました。

メモリは8GBにしました。
メモリは使用目的が何にせよあった方がいいのですが値段をおさえる為に
8GBにしました。

HDDは価格をおさえながらできるだけ容量を大きい物にし1TBとしました。

OSはDSP版64bitを選択。
パッケージのあるなしで値段が違うので価格をおさえる為にDSP版にしました。

この構成は最低限で組んだのですがテレビ視聴・録画であれば問題なく動作するでしょう。

〈9万円~〉

CPU Corei5(Haswell Refresh)
ケース 任意の物
マザーボード 任意の物(CPUに対応の物)
メモリ 16GB
HDD 2TB
DVDドライブ 任意の物
地デジチューナー 任意の物
OS DSP版64bit
電源 ケース付属
合計 83000円~

値段をおさえつつ少しランクを上げた構成を考えました。

CPUは1ランク上げてCorei5にしました。
corei3の2コア・4スレッドから4コア・4スレッドになります。

メモリは16GBにしました。
上記構成での理由により増やしました。

HDDは録画データを多く保存できるように2TBに増やしました。

OSは上記同様の理由です。

この構成は全体的に少し性能を上げたのでテレビ視聴・録画だけでなくある程度の作業で
あれば十分に動作するでしょう。

〈13万円~〉

CPU Corei7(Haswell Refresh)
ケース 任意の物
マザーボード 任意の物(CPUに対応の物)
メモリ 32GB
SSD 128GB
HDD 3TB
DVDドライブ 任意の物
地デジチューナー 任意の物
OS DSP版64bit
合計 125000円~

高めの予算なので全体的に性能を上げました。

処理能力をさらに上げる為にCPUはCorei7にしました。
4コア・8スレッドになり処理能力UPです。

メモリは上記同様の理由で32GBにしました。

HDDはSSDとHDDを使用しました。
SSDにはOS、HDDはデータ保存用に使用。
SSDにOSを入れるとパソコンの起動が早くなったりデータの転送速度が上がったり
します。
HDDは録画データをたくさん保存できるようにする為に3TBにしました。

OSは上記同様の理由です。

この構成はグラフィックの部分以外はハイスペックになるので3Dゲームや高いグラフィックを
必要とするソフトの使用以外であればストレスなく動作するでしょう。

3つの構成を紹介してきましたが地デジチューナーに関しては主要な機能が付いていて安い物が
だいたい10000円くらいなので地デジチューナーは10000円に設定して値段を出しました。

色々と種類があるので自身の必要とする機能を持った地デジチューナーを探してみてください。

以上、テレビ視聴・録画用パソコンの紹介でした。


PAGE TOP