パーツ・カスタマイズ選び・サウンドカード

【パーツ・カスタマイズ選び_サウンドカード】

サウンドカードについて説明していきます。

そんなに音にはこだわりのない人には必要のない話になりますが
パソコンでよく音楽を聴いたり映画などを視聴する人は音にこだわりを
もっている方も少なくないでしょう。

そういう人のためにサウンドカードというパーツがあるのですが
簡単にいうとこのパーツをパソコンに組み込む事で音が良くなります。

このパーツを組み込んでもスピーカーがあまり良くない物だと音が良く
なったのか実感できない場合があるので注意が必要です。

〈製造メーカー〉
有名どころではONKYOやCREATIVE、他にもASUSや玄人志向かも
出ています。

〈おすすめ・売れ筋〉
おすすめはCREATIVEのPCIe Sound Blaster Z SB-Zです。
価格は1万円程度で少し高くはありますがサウンドカードメーカーでは有名なメーカー
で音が良いのでおすすめです。

売れ筋はASUSのXonar DGです。
メーカーのブランド力と価格が3000円代と安いのが売れてる理由でしょうか。

〈選び方〉
まずは使用するスピーカーやその接続端子を確認しましょう。
せっかく購入したパーツも接続できなかったら意味がありません。

それが確認できたら次にパソコン内部に組み込むので内部のマザーボードと
サウンドカードの接続部分の規格が合っているか確認してください。
この2点が最初に重要なことです。
内部の接続部分の規格はだいたいPCIもしくはPCI-Eのはずですが必ず
確認するようにしましょう。

あとは好みのメーカーを決めて必要な機能がハードウェアやソフトフェアに付いているかを
確認して購入するのみです。


PAGE TOP