3Dゲーム用パソコン

【3Dゲーム用パソコン】

3Dゲームをしたいがどうの程度のスペックのパソコンを必要とするか悩んでいる方が
いると思います。
そういう方の為に説明や紹介をしていきたいと思います。

まず、最初に知っておきたいことが3Dゲームをする為にはある程度高スペックのパソコンを
必要とするゲームが多いです。
各ゲームにに推奨環境が設定されているので自分のプレイしたいゲームの推奨環境と
比べながら決めていくのがベストです。
推奨環境を見ながら決めていくのですが推奨環境ギリギリだと動作が重かったりカクカクしたり することもあるので推奨環境よりも少し余裕をもって選ぶの方がいいです。

具体的にはどのパーツを優先して費用をかけていったらいいのか説明していきます。

3Dゲームをするならば優先したいのがCPU・メモリ・グラフィックカードです。

CPUはメインでデータの処理をするパーツなのであまりに低いスペックのCPUを選択して
しまうとゲーム自体が起動しないとか起動はするがカクカクして動きが遅く全然楽しめない
なんて事が起こります。

優先したいパーツのメモリ・グラフィックカードに関しても同様の事が言えます。
では、実際に予算別におすすめの構成を紹介していきます。

 〈7万円~〉

 CPU  Corei3(Haswell Refresh)
 ケース  任意の物
 マザーボード  任意の物(CPUに対応の物)
 メモリ  8GB
 HDD  500GB
 グラフィックカード  GeForce 700 シリーズ(中程度の物)
 DVDドライブ  任意の物
 OS  DSP版64bit
 電源  ケース付属
 合計  67000円~
 まずは予算をおさえた構成を紹介します。  CPUはCorei3にしました。  CPUはCorei5・corei7と高スペックのCPUにしていくにつれて値段が上がっていくので  値段をおさえる為にCorei3にしました。    メモリは8GBにしました。  8GBにしたのはある程度のゲームであれば十分だからです。  さすがに4GBだとプレイできるゲームに制限がでてしまったりプレイできても動作が  重かったりするからです。    HDDは価格をおさえる為に最低限の物にしました。    グラフィックカードはGeForce 700 シリーズ(中程度の物)を選択。  このくらいあれば特別高いスペックを必要とするゲーム以外はだいたい動くからです。    OSはDSP版64bitを選択。  パッケージのあるなしで値段が違うので価格をおさえる為にDSP版にしました。

〈10万円~〉

 CPU  Corei5(Haswell Refresh)
 ケース  任意の物
 マザーボード  任意の物(CPUに対応の物)
 メモリ  16GB
 HDD  500GB
 グラフィックカード  GeForce 700 シリーズ(中~上程度の物)
 DVDドライブ  任意の物
 OS  DSP版64bit
 電源  550W (80PLUS認証の物)
 合計  98000円~
ある程度のパソコンを欲しいと考えた時に10万円以内でというのが  一つのラインだったりしますよね?  予算が10万円以内で構成を考えてみたのでご紹介します。    CPUは1ランク上げてCorei5にしました。  corei3の2コア・4スレッドから4コア・4スレッドになります。    メモリは16GBにしました。  3Dゲームをする時はメモリは多い方がいいからです。    HDDは容量を増やしたいところですが一番最初にもいいましたが3Dゲームをプレイする時は  CPU・メモリ・グラフィックカードが大事なのでグラフィックカードを優先しHDDはそのままに  しました。    グラフィックカードはGeForce 700 シリーズ(中~上程度の物)で1~2ランク上げました。    OSは上記同様の理由です。    電源は550Wで80PLUS認証の物にしました。  だんだん、グラフィックカードのレベルを上げていくと消費電力が高くなっていくので  ケース付属電源だと450Wくらいの物が多いのでそろそろワット数が足りなくなって  くるので550Wにしました。  さらに消費電力が上がってきたので電源変換効率の高い物にしました。
 〈15万円~〉
CPU Corei7(Haswell Refresh)
 ケース  任意の物
 マザーボード  任意の物(CPUに対応の物)
 メモリ  32GB
 SSD  128GB
 HDD  1TB
 グラフィックカード  GeForce 900シリーズ
 DVDドライブ  任意の物
 OS  DSP版64bit
 電源  600W (80PLUS認証の物)
 合計  145000円~

処理能力をさらに上げる為にCPUはCorei7にしました。
4コア・8スレッドになり処理能力UPです。

メモリは上記同様の理由で32GBにしました。

HDDは予算がそこそこあるのでSSDとHDDを使用しました。
SSDにはOS・HDDはデータ保存用に使用。
SSDにOSを入れるとパソコンの起動が早くなったりデータの転送速度が上がったり
します。

グラフィックカードはGeForce 900シリーズを使用。
さらに映像や動画・ゲームの処理能力を上げる為ですl。

OSは上記同様の理由です。

電源は600Wで80PLUS認証の物にしました。
グラフィックカードの性能を上げると同時に消費電力が上がるので600Wし
電源変換効率の高い80PLUS認証の物にしました。

以上、いくつか紹介してきましたがもっと予算かけても構わないなんて人は
上記と同じような要領でCPU・メモリ・グラフィックカードを優先しつつ他の
パーツもグレードアップしていくと全体のバランスも良くなり理想のパソコンに
も近づくでしょう。

予算をオーバーしてしまったから何か削るなりグレードを落とすなりしたいが
どうしたらいいか分からないなんて人は今までと逆のことをやってください。
CPU・メモリ・グラフィックカードのグレードはなるべく残しつつ他のパーツで
グレードを落としたりまたは削ったりでだんだんと予算内に近づけてください。

 

PAGE TOP