初心者向けBTOパーツ解説

【初心者向けBTOパーツ解説】

BTOパソコンは知っているけど注文する時に各パーツを
選択するけどそれぞれどのような物なのか分からないと
人の為に簡単に説明していきます。

[CPU]
中央処理装置と言い人間で例えるなら脳に当たるあたる部分です。
データ処理の為のパーツです。

HPやパンフレットなどのスペック説明でCPUの型番の横に3GHz(動作クロック)と
書いてあるんですが基本この数字が処理能力と思ってください。
この数字が大きくなっていくにつれて処理能力が上がっていきます。

深く突っ込んで話していくと「CPUのコア数が」なんて少し難しい話になって
いくのでここではやめておきます。

種類・・corei7・corei5・corei3・Pentium・Celeron
(主流はcorei7・corei5・corei3)

売れ筋・・corei7 4790・corei7 4790k

おすすめ・・corei7 4790k

[メモリ]
RAMとかメインメモリーと言われる事が多いです。
これはデータを一時的に記憶して置く装置で電源を落とすとメモリに記憶されて
いたデータは消えてしまします。

もっと分かりやすく話すとメモリは作業している時のテーブルの広さと考えて
もらえると分かりやすいと思います。
大きいテーブルであれば勉強してる時なら教科書もノートも参考書も置けます。
小さいテーブルであればノートと教科書しか置けない。
この様なイメージで考えてもらえればいいと思います。

メモリ4GBとか8GBとか表示されていると思いますがこの数字が大きくなるにつれ
デーブルが大きくなっていくと考えてください。
他にも動作クロックというものがあるのですがこれも難しい話になっていくのでやめて
おきます。

種類・・DDR3・DDR2・DDR
(主流はDDR3の規格です。)

売れ筋・・CFD W3U1600HQ-4G

おすすめ・・CFD W3U1600HQ-4G

[HDD]
データを保存するパーツです。
500GB・1TBと容量が増えていくとより多くのデータを保存できます。

最近はSSDという物がありHDDと使用用途は同じなんですがHDDより
データのやり取りやOS起動が早くなります。

種類・・HDD・SSD

売れ筋・・HDD⇒WESTERN DIGITAL WD30EZRX-1TBP [3TB SATA600]
SSD⇒キングストン SSDNow V300 Drive SV300S37A/120G

おすすめ・・HDD⇒東芝 DT01ACA100 [1TB SATA600 7200]
SSD⇒Crucial CT256M550SSD1

[ODD](光学ドライブ)
CDドライブ・DVDドライブ・Blu-rayドライブとかDVDマルチドライブと言われる
ような事が多いと思います。

CD・DVD・BDなどの読み書きをする為のパーツです。

種類・・CDドライブ・DVDドライブ・Blu-rayドライブ
(主流はDVDドライブ・Blu-rayドライブです。)

売れ筋・・DVDドライブ⇒LG GH24NSC0 バルク
Blu-rayドライブ⇒パイオニア BDR-209JBK

おすすめ・・DVDドライブ⇒LG GH24NSC0 バルク
Blu-rayドライブ⇒パイオニア BDR-209JBK

[グラフィックボード]
画像や映像・ゲームなどのグラフィックの処理に特化したパーツです。
既存のグラフィック性能では足りない時にこのパーツを使います。

例えば、オンラインゲームをしたいがグラフィック性能が低い為に
動作が「重かったりカクついたりフリーズたりしてしまう」というような時に
グラフィックカード追加してスムーズに動作する様にします。

種類・・Radeon(ATI)とNVIDIA(Geforce)

売れ筋・・Radeon(ATI)⇒SAPPHIRE DUAL-X R9 280 3GB GDDR5 OC WITH BOOST [PCIExp 3GB]
NVIDIA(Geforce)⇒ASUS GTX750TI-PH-2GD5 [PCIExp 2GB]

おすすめ・・玄人志向 GF-GTX750Ti-LE2GHD [PCIExp 2GB]


PAGE TOP