パーツ・カスタマイズ選び・OSについて

【パーツ・カスタマイズ選び・OSについて】

OS選びについて説明していきます。

〈OSの種類〉
現在は大きく分けて3種類のOSがありWindows8.1はWindows8.の修正・改良をされた
ものなので実質2種類から選ぶようになります。
各OSにエディションがあり、その特徴を下記の表にまとめました。

Windows7

Windows7 home Premium 一般ユーザー向けのエディションになります。
Windows7 Professional ビジネスユーザー向けのエディションになります。
Windows7Ultimate 最上位のエディションで上記のエディションの全ての機能を使用可能。

Windows8.1

Windows8.1 一般ユーザー向けのエディションになります。
Windows8.1 Pro ビジネスユーザー向けのエディションになります。
Windows8.1 Enterprise 企業向けのエディションでボーリュームライセンスで販売。

〈32bit/64bitの違い〉
OSには32bit版と64bit版があります。
以前は32bit版が標準的だったのですが現在は64bit版が標準的になって
きています。

特徴として使用可能なメモリ容量が違います。
32bitは4GBまでなのに対して64bitはそれ以上でも大丈夫です。

もう1つの特徴はファイルのコピーを例にしてみると32bitより64bitの方が一度に
扱うデータ量が多いので早くコピーが終わります。

注意したいのは使用しているソフトが選んだbit数で動作するかどうかです。
3Dゲームをする時などは4GBよりも多くメモリを必要とすることが多いので
32bitを選んでしまってゲームができないなんてことがないように気を付けましょう。

〈パッケージ版/OEM版/DSP版の違い〉
・パッケージ版
パソコンショップなどで単体で売っているものです。

・OEM版
販売されているパソコンに最初からインストールされているものです。
価格は安いのですがパッケージ版・DSP版と違い前にインストールしたパソコンからアンインストールし
別のパソコンに再インストールすることができません。

・DSP版
PCパーツと一緒にでないと購入することができず、その購入したPCパーツが組み込まれた
パソコンにしかインストールできません。
しかし、同時に購入したPCパーツも移動させるのであれば、OSの移動が可能となり、他のパソコンへ
再インストールすることができます。
価格はOEM版同様にパッケージ版に比べると大幅に安くなります。

上記を参考に自分にあったものを選んでください。


PAGE TOP